サイバー攻撃[新たな中国軍事技術]

サイバー攻撃なんていうと近未来の小説に出てくるような感じですが、

すでに現代の世で行なわれているのだそうです。

中国では軍隊の中にサイバー攻撃専門の攻撃ユニットを設けているとのことです。(攻撃ユニットですから、当然サイバー攻撃を防ぐのが目的ではなく攻撃をする方ですね)

サイバー攻撃をされた例としては、5月上旬のロシアからエストニアへの攻撃があると専門家は指摘している。
エストニアがソビエト時代の記念碑を取り除くという決定後3週間にわたって一時に大量のアクセスが集中してサーバーがダウン、国の機関や銀行、そして新聞社のコンピュータが麻痺状態に陥った。

スイスのある情報担当者は、サイバー攻撃を防ぐのは不可能であるという。
その理由は、アクセスが正規のものか悪意のあるものかを見分けることができないからだそうです。

解決策としてはサーバーの数を増やすこと、回線を増やすことを上げています。集中豪雨の対策みたいですが、大量のアクセス以上の処理能力を持たせるということみたいです。


  

コメント