徳島市内で自作パソコン教室

徳島市内で開かれた、自作パソコンを作るイベントに40人が参加、悪戦苦闘しながらも最後まで作り上げ起動することができたそうです。
自作パソコンというとなんだかとても難しいイメージがあり、専門書も出ているくらいで自分にもできるのかな?なんてちょっと距離を置いておりました。
もちろんイベントでは指導者が着いてやったわけですから教えてもらいながらなんですけれども、やればできるんですね。
パソコンを自作するというと、イメージとしてはハンダゴテを持って線をつないで一個一個の部品から作るのかななんて思いますが、
実はそうではなくて基盤は基盤、熱さましのファンはファン、など各パーツはすでに完成していてそれをブロックを組み立てるようにして組み立てていけばいいもののようです。
ちょっと大きな電気屋さんなどにいくと、自作パソコン組み立てキットというものも売っているようです。
とはいっても手間暇はかかるし、時間もかかるでしょう。頭も使いますね。
でも、パソコンの内部がどうなっているのか仕組みを知っておくことは興味のある人には楽しいことですし、勉強にもなるでしょう。最近のニュースではメモリーが値下がりしたとか、CPUの新しいものがでたとか聞いたり見たりすることが少なくありませんから、
そういうときにも、一度組み立てた人にはすぐに頭に浮かぶのではないでしょうか。
何よりも、自分で組み立てたパソコンにとっても愛着がわきそうです。

コメント