シマンティック セキュリティ対策呼びかけ~普通のサイトも危ない

シマンティックがインターネットのセキュリティを呼びかけています。
少し前には、危ないサイトを開かないことが安全対策の第一歩でしたが、最近は普通のサイトを開いてもウイルスやマルウェアと呼ばれる悪意のあるプログラムに感染するということです。最近同社ではボット対策ソフトを発売し始めました。インターネットからのダウンロード販売で、3990円です。
そのような悪意のあるプログラムに感染させるためのパッケージが闇街で売られているとか。アンダーグラウンドのウエブサイトのことです。値段は1000ドルほどといいます。常にアップデートをしており、サポートまで付いているそうです。
最近の攻撃方法は、ウェブの名のようにくもの巣を張って待ち構えている感じです。以前は積極的にウインドウズなどのOSを攻撃していましたが、最近は普通のサイトをまず感染しておいて待ち構え、そこへアクセスしてきた人のパソコンの弱いところを瞬時に調べてそこを攻撃するのだとか。
インターネットエクスプローラーやウインドウズはもちろん動画再生ソフトのクイックタイム、PDFファイル閲覧のアドベリーダーなど30種類の弱点に対応しているそうです。(弱点を攻撃できる)
ボットと呼ばれる感染したパソコンを遠隔操作するためのプログラムも変化してきているそうです。以前はより複雑な遠隔操作をするための比較的大規模のものでしたが、今後は単純化、コンパクト化してその分、発見や駆除が困難になってきているとの事です。
これらボット対策の重要性を呼びかけています。

コメント