米国アマゾンとティーボが映画をダウンロードしてテレビで見られるサービス開始

アメリカの話ですが、インターネットでダウンロードをして映画やテレビ番組をパソコンではなくテレビで見られるサービスが始まったそうです。

はじめたのは、アマゾンとティーボという会社。ティーボは日本ではあまり聞いたことがないかもしれませんが、ハードディスクにテレビ画像を録画する家庭用ビデオレコーダーを開発したところです。

このティーボが開発したHDDビデオレコーダーは、自分で録画予約をした番組以外にも過去の録画予約状況を分析して勝手にユーザーの好みそうな番組を録画するとのことです。アメリカではこの機械のことをPVR(パーソナルビデオレコーダ)といい日本にない商品だそうです。

アメリカでこの機械は広く浸透しているらしく、「ティーボ」という単語を動詞として使うこともあるという。例えば仕事先から家族に電話して「今晩のフットボールの試合、ティーボしてくれない?」といった具合。

気になる値段は、映画1本4ドルだそうです。テレビ番組は1本2ドル。ティーボのセット・トップ・ボックス(STB)という機械にダウンロードしてテレビで見るそうです。

セット・トップ・ボックス(STB)という機械ですが、ちょっと米アマゾンのサイトをのぞいてみたら値段は40時間録画できる中古品で40ドルというものもアリ、新品で80時間録画できるものは199.99ドルでした。(他にも何種類か出ておりましたが全部は見ませんでした。

コメント