最小化・最大化ボタンが小さくなったときに元に戻す方法

ディスプレイのプロパティ(画面の解像度)などを変更していたからなのか、それともユーザー補助のマウスやアイコンなどを大きくする設定をしたからなのか、原因ははっきりしないのですが、最大化・最小化ボタンが小さくなってしまいました。
ウインドウズの画面の最大化・最小化・閉じるのボタン
いろいろと試行錯誤して元に戻そうとするのですが原因がわからないのでなかなか元に戻りません。でも偶然?何とか元に戻りました。
忘れないうちにブログにも書き留めておきたいと思います。
1)デスクトップの上でマウスの右クリックします。出てきたメニューより「プロパティ」をクリックします。
デスクトップで右クリック
2)画面のプロパティのタブの中で「テーマ」を開きます。
display-propaty.jpg
3)画面上の「テーマ(T)」と書いてある選択肢をいったん今表示されているのとは違うものに変えます。例えばテーマとして表示されているのが「Windows XP」だとしたなら「Windowsクラシック」などにいったん変えます。
テーマをいったん他のものにします
4)そして再びテーマを「Windows XP」に戻します。そうしますと画面の中で最大化・最小化・閉じるのボタンが元に戻ったのが確認できます。最後に「OK」ボタンを押して完了です。
再び元の設定に戻します

ボタンが元の大きさに戻りました

コメント