日本の携帯産業を変える?iphone

iphoneの販売形態は日本のそれとは違います。どう違うのでしょうか?

携帯電話を作っているメーカーが自分で売ることができるのがiphoneの特徴です。アップルが自分で売ることができるのです。

日本では、パナソニックやソニーといったメーカーが直接携帯電話を売ることはできません。すべてドコモやKDDIといった携帯電話会社の販売網で売られています。ここが違う点です。

アップルが直接売って利益を得られる、そしてアップルでは正式に認めていないそうですが、携帯電話料金の何パーセントかを携帯会社(AT&T)から受け取る契約もしているそうです。

アメリカでは携帯電話のサービス会社と販売会社が独立しているのは当たり前とのこと。参照した記事中には、日本の携帯電話産業は<span style="font-size:large;">閉鎖的</span>という言葉が使われてました。

来年アジアでiphoneの販売が行なわれるだろうということですが、日本の現在のビジネスモデルをも揺るがしかねないそうです。

コメント