アップルの挑戦・ボタンをなくせ

アップルのジョブズ氏指揮の元、アップルはその製品から極力ボタンをなくす事を至上命題として来たようです。

初代Macには(上下左右の)矢印キーがなく、東京のアップルのビルのエレベーターには階数を指定するボタンがなく各階停車、そしてMacで音楽や映画を楽しむ際に使うリモコンには6個しかボタンがなく、そして最近鳴り物入りで発売されたiphoneにはボタンの代わりにタッチスクリーンを付けた。

これらは、アップルのジョブズ氏がこだわってきた、シンプルさデザインをかっこよくしようとした結果だという。

そういえば、アップルのimacなどはどことなく動物のような愛らしさすら感じます。女性に人気の秘密でしょう。

ボタンが多いということは、それだけ機械じみてくるのでしょう。そもそも生き物にはボタンはついていませんから。

コメント