ソフトバンク 携帯電話を介した健康管理サービス「ライフキャリア」を開始

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

ソフトバンクは10月1日より、携帯電話でデータを送ることにより自宅にいながら健康状態をチェックしたりアドバイスを受けることができるサービスを開始しました。
サービスの名前は「ライフキャリア」です。
ベーシックパックと呼ばれる基本セットでは月額利用料は2000円からです。
このパックでは、精神的な悩み事や体の不調などに電話で答えてくれるサービスや、携帯から血圧や体重の情報を送ることで万一異常が発見された時にアラームが送られてくる機能などが使用できます。
会員は「家庭の医学」などの健康情報を読むこともできます。
このベーシックパックに、機器レンタルを申し込めば計るだけで自動で計測値がセンターに送られることになります。血圧計や血糖値測定器、そして体重計(体脂肪計)が別途申し込みで有料レンタルできます。
ベーシックパックに含まれている、オムロンと共同開発したアダプターはこれら血圧機器や体重計とお手持ちの携帯電話をつないで計測するだけで自動的にソフトバンクへ計測値が送られます。
その計測値はパソコンから一覧表の形でいつでも見ることができ、自己健康チェックが画面上でできるそうです。

参照記事

健康管理支援サービス「ライフキャリア」導入による、社員の健康サポート体制の充実