Leopardインストール前にグーグルデスクトップのアップデートを 米Google社

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

米国グーグルが同社製品のグーグルデスクトップのアップデートを呼びかけている。対象になっているのはマッキントッシュ利用者で本日発売されたLeopardをインストールするユーザー。

アップデートしないままLeopardをインストールした場合Google Desktop が正常に動作しないという。 この情報は米グーグルのブログに今月24日に掲載された記事によるもの。

 マックの最新OS「Mac OS X Leopard」でGoogle Desktopを利用するためにはGoogle Desktopのバージョンが「1.3.0.748以上でなければならないということです。

でもご安心。もしアップデート前にLeopardをインストールした場合には、 【Macintosh HD】にあるGoogleDesktop.pkgというファイルを削除した上で改めてグーグル デスクトップをインストールすればよいそうです。

GoogleDesktop.pkgは【Macintosh HD】の{ /Library/Receipts/ }ディレクトリー(階層)にあるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする