大量生産ではないビジネスモデル(セイレンのオーダーメイド衣料品)

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

突然ですが、セイレンという会社をご存知でしょうか。私は知りませんでした。主に自動車用シートや自社ブランド衣料を作っている会社だそうです。

経営破たんしたカネボウの繊維事業を2005年に買収しました。(産業再生機構による入札に応募、カネボウの繊維製造工場などを取得。この結果、セイレンは繊維製造から縫製、販売までの一貫したシステムを傘下に入れた。)

その会社のビジネスモデルは大量生産ではなく、一人一人のニーズにあった衣料品を素早く低コストで生産するというものだそうです。例えばお客さんがお店のパソコンに直接触ってデザインや大きさを選ぶと早くて2~3日、遅くても2週間以内に製品がお客様の手に届くそうです。

これを可能にしているのが、繊維製品製造システム(ビスコティック)というコンピューターを使った布地印刷システム。

今までの生地染色技術と違いインクジェットプリンターのように一回で印刷を終えることができ(従来は一色ずつ染めていった)しかも、生地一着分から染めることができるのだそうです。

この技術がオーダーTシャツや、水着を短時間に低コストで作ることを可能にしたとのことです。

2006年にはオリジナル水着を作るコーナーを西武や三越、大丸などの大手百貨店に展開しました。今年も三越など6つの百貨店での開催が決まっているそうです。価格は平均1万6千円程。パソコンや見本を見ながらデザインを決めていくそうです。

「水着ナビ」日程
そごう横浜店…4月6日から8月21日TEL 045-465-2111

阪急百貨店(梅田)…7月24日(火)までTEL 06-6361-1381(代表)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする