無料ソフトを配って会社の経営は大丈夫なの?

file-name003.jpg
無料ソフトを使う機会が非常に多いのですが、配る側はそれでも採算は取れるのだそうです。 なぜかといえば、自分の会社のファイル形式を世の中に普及させればさせるほど有料版も売れるようになるからだそうです。

 例えばファイルをメールなどで送る場合、相手も同じソフトを使っていないと開けません。そんな時、相手のパソコンにもすでにソフト入っていれば、よりスムーズにファイルを送ることができます。
 その点では最近の出来事としては、皆様もご存知のマイクロソフトのオフィス2007です。 ファイル形式がエクセルの場合は昔の
.xlsから新しく.xlsxに変わり、エクセル2007で作ったファイルを2003や2000では開いたり編集したりは難しいです。これでは不便ですし、オフィス2007を買いたくても周りにもっている人が少ないと二の足を踏んでしまいます。
そんなわけで無料版を配ってでも、周りに普及すれば有料版のソフトも比例して売れるのだそうです。そのため無料版を配っても採算が取れるとのことでした。
記事参照は
R25.jp「
個人向けPCソフトが無料配布されるのはなぜ?

コメント