インテル社 演算部(コア)が4つのノート用CPUを来年発売

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

今、ノートパソコン用のCPUでは2つの演算部(コア)を持つCPU(デュアルコア)は使われています。インテルは来年、このデュアルコアCPUを2つ使って4つのコア(クアットコア)のノートパソコン用CPUを出すことを発表しました。

今でもデスクトップパソコン用にはクアットコアのCPUは発売されているのですが問題点は電力もデュアルコアの2倍使ってしまうということです。インテルは来年までに電力の消費量を減らして発売したい考えです。

インテルはライバル会社のAMDと激しい競争をしており、発展途上国向けの100ドルパソコン計画(発展途上国の子供1人ひとりに価格100ドルのLinuxノート・パソコン供給を目指す取り組み)でもAMDに先を越されていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする