警察が仕掛ける盗み見ソフトはウイルスか?

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

ポリスウェアというのは私の造語です。本当の呼び名は「<span style="font-size:large;">警察が仕掛けるスパイウェア</span>」のことです。

警察が犯人逮捕のために、該当者のパソコンに直接もしくは遠隔地からトロイの木馬などのスパイウェアを仕掛けるということです。

今までにこのスパイウェアが決め手で犯人を逮捕・起訴した例は2件(米国内)あるそうです。

このスパイウェアは、容疑者がパソコンでどのキーを押したかを知らせるために使われるとのこと。

問題は、ウイルスセキュリティ会社の対応です。当然警察が仕掛けるスパイウェアもウイルスセキュリティソフトに見破られてしまいます。

犯人がパソコンに何か異常があることを知ってしまうわけです。

そこで、裁判所命令などでひょっとするとセキュリティ会社がこれら警察のスパイウェアを感知しないようにしているのではないかという疑惑が起こります。

この質問に対して、マイクロソフトとマカフィーは回答せず、他のほとんどの会社は「そうした裁判所命令を受けたことは今まで一度もないと回答。

確かに、こうしたことがもしあればセキュリティ会社の信頼は揺らぐでしょう。アメリカの民間の独立ということにも大きな影響を与えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする