アメリカではパックマンが人気

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

往年の名ゲームパックマン。日本ではインベーダーゲームの方が有名ですが、米国では、パックマン人気の方が上らしいです。

その米国で、Xbox360で発売されたパックマン上で競技が行なわれた模様です。その名も≪パックマン世界選手権≫第4回目になるこの大会、メイン会場はニューヨークで世界7地域から出場(ネット接続?)して6月6日に行なわれました。

もともとパックマンは当時のナムコ(現バンダイナムコ)が作ったゲームで純然たる日本発のゲームです。

パックマンの魅力は、箱庭的感覚(四角の仕切られた画面の迷路の中で逃げ回ったり追いかけたりする)、それとそれまでなかったモンスターとのやり取り(追いかけっこのような、かくれんぼのような感覚)であるということです。

今回Xbox360用に作られたパックマンは、初期版とはデザインや遊び方が違うようです。よりアメリカ人好みになっているのか、ステージをクリアすることばかりではなく、時間制限(タイムアタック)もありその中で焦りながらやるようで、日本版初期型のようにゆっくりとモンスターたちと追いかけっこするような余裕は無いのかもしれません。

これって、やはり時代を反映しているのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする