国内パソコン販売 NECが第1位

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

NECが2006年度国内パソコン販売で第1位でした(シェア20.9%)。2位は富士通(18.7%)、3位はデル(14%)。
デルは2005年度に比べシェアを1.2%伸ばした。これは官公庁などへのまとまった受注が来たためであると述べている。
私の個人的な意見ですが、官公庁では税金の使い方について、厳しい目があるためにとにかく安いパソコンの購入になったと思います。
世界シェア1位のヒューレット・パッカードは国内ではデルに負けています。
国内でのパソコン総出荷台数は4年ぶりに前年度割れしました(1302万5000台)。最大のパソコン需要のある年末にウインドウズ・ビスタが間に合わず、1月にずれ込んだために買い控えが生じたのが原因と述べています。
でも私だったら、ビスタ直前だからこそ値下がりしているウインドウズXPパソコンを買いますね。実際に昨年の12月にXPのノートパソコンを購入しました。
新製品発売前の旧製品は安くなると思ったからです。