大阪大学 菅沼氏>睡眠前のインターネット使用は睡眠に影響する

お引越し通知

[ お知らせ ]
この記事は、2017年10月07日に、FC2ブログからこちらのサイト(kazushikato.info)へ移転したものです。

大阪大学の菅沼仲盛氏は研究の結果インターネットやテレビを就寝前に視聴すると睡眠の質が低下して、翌朝の疲労感や睡眠不足感につながることを発表しました。
インターネットを長時間使う人は子供大人にかかわらず短時間(1.5時間以下)使用する人に比べて起床後の睡眠不足感や疲労感を訴えた人の割合が多かったそうです。
しかし単に睡眠時間が減っているともいえず、それが証拠にライトユーザー(1.5時間以下)とヘビーユーザー(3時間以上)両者の間の実際の睡眠時間には12分の違いしかなかったそうです。