中国人民解放軍がアメリカ国防省のコンピューターに侵入~イギリス誌報道

中国はアメリカを敵国と思っているような行動を次々と行なっていますが今回はコンピューターのお話です。
中国の人民解放軍がアメリカの国防省のコンピューターへ侵入したというのです。
そのあおりで国防長官のコンピューターがストップしたとの事。
アメリカに対して、いつでもアメリカ軍事面の中枢をコンピューターから攻撃できるということを示したといいます。
このようなことをすることはアメリカをあなどっている証明ともいえましょう。

コメント