ホームページの文字化け(ホームページビルダー編)

お引越し通知

仕事で製作しているホームページに時に文字化けが起こることがありました。その時は指定した文字コードと実際のファイルの文字コードが違っており、同じ指定(私の場合はUTF-8)にすることで、解消できました。

前回の記事で、WinSCPというFTPソフトによって勝手にファイルの文字コードが変わってしまうのを防ぐ方法について書かせていただきました。

今回は、ホームページビルダー(バージョン19)で編集作業時に文字コードを指定する方法です。

私は仕事でホームページを編集するときは主にホームページビルダーを使っております。そのホームページビルダーに、文字コードを指定する機能がありました。恥ずかしながら今まで知りませんでした。

ホームページビルダーの画面一番上のメニュー「ツール」から「オプション」を選択します。(下記画像)

ホームページビルダー19オプションを開く
ホームページビルダー19オプションを開く

そうしますとオプション画面が表示されますので、タブの中の「ファイル」をクリックします。

そこに、「出力漢字コード」という項目と、「文字エンコードをMETAタグで指定する」という二つの項目があります。(下記画像)

ホームページビルダー文字コード指定画面
ホームページビルダー文字コード指定画面

上の画像では、「出力漢字コード」を”Unicode(UTF-8)”に、そして”METAタグで指定する”をUTF-8にしました。

これで、ホームページを編集作成して保存するときには、自動的にUTF-8のコードで保存され、METAタグもUTF-8になります。

しかし、ファイルの中にはかたくなに、文字コード変換を嫌がる?ファイルもあり、人間みたいですが、何度UTF-8にして保存しても、開くとまた元のShift_JISに戻ってしまうつわものもおりました。文字コード変換をかたくなに拒んだファイルはcssファイルの一部と、phpファイルの一部でした。

仕方がないのでそのままで、サーバーにアップロードして確認いたしましたが、動作に問題はありませんでしたので、それで良しといたしました。